インフルエンザを予防しよう|苦しむ前に対処を

女性
マスクの女性

どんな治療を行うのか

インフルエンザは予防するのが一番ですが、完全な予防は難しいものです。かかってしまったときには、検査を受けた上で抗インフルエンザ薬を摂取します。これはウイルスの増殖を防ぐための薬で、発症から48時間以内に飲むと効果的です。

ウィルス

軽いものと重いもの

インフルエンザを予防するには、どんな種類があるかを知っておく必要があります。一般的には、A型、B型、C型が知られています。B型やC型は比較的症状が軽いとされます。A型は症状が強く出て、流行もしやすいとされています。

風邪とはかなり異なる

細菌

感染症に指定されている

感染症と呼ばれる病気があります。重篤な感染症になると、病院の中でも隔離されて治療が行われます。どんどん感染者が増えてしまうからです。いくつかの病気が感染症に指定されていて、一定の対処がされています。インフルエンザといいますと比較的良く聞く病気です。実は、こちらは法律で五類感染症に指定されています。隔離まではいかないものの、医療機関で感染者が出ると一定の対応がされます。学校や職場などなら、予防のために患者を一定期間来させない措置をとることもあります。インフルエンザは風邪とよく似ているといわれ、汗腺方法も似ています。風邪が手などから感染するのに対し、こちらはくしゃみなどによる飛沫感染が多いとされています。予防には、感染者がマスクをするのが有効となるでしょう。インフルエンザに感染した時は、できるだけ早く医療機関にかかるのが良いとされます。ただ、風邪との判断がつきにくいのも事実です。ポイントとして、急激に高熱になることが挙げられます。筋肉痛などがあり、38度以上の高熱になった場合には、すぐに医療機関に行くようにします。それが周りに対する予防にもなります。インフルエンザの怖いところとして、合併症があることです。ひどくなると、気管支炎、肺炎、脳炎などの病気につながる場合があります。風邪から合併症になることはほとんどないとされているので、判断を間違えると大変なことになります。医療機関に行くと、感染しているかどうかができる診断も可能なので、他への予防のためにも医療機関を受診した方が良いでしょう。

頭を押さえる人

つらい病気の一つです

つらい症状に悩まされることになるインフルエンザにならないためには、前もってできる予防策を実施することです。インフルエンザワクチンの予防接種はもちろんのこと、マスクをして自分にも人にもうつらないように配慮することが大事です。さらに、体をいたわることも感染予防につながります。