インフルエンザを予防しよう|苦しむ前に対処を

ウィルス

軽いものと重いもの

ウィルス

主に3種類が知られる

今は医学が進歩しています。問題になっている病気があれば、その実態を解明し、治療方法が開発されます。又、予防の方法などが取られることもあります。インフルエンザは、古くから猛威をふるった病気として知られていて、ヨーロッパなどでは大量の死者を出すこともありました。近年は少しずつその中身がわかってきています。一口にインフルエンザといいますが、主に3種類があるとされています。A型、B型、C型が知られています。この中で最も軽いとされるのがC型で、特に予防方法なども取られていません。一般的な風邪に近いとされています。一度かかると免疫ができ、それ以降はかかることが合くなります。大人になるとかかることもほとんどないとされます。問題はA型とB型ですが、その中でもB型はあまり感染力が強くなく、流行もあまりしないとされています。問題になるインフルエンザはA型になります。こちらは感染すると症状が非常に激しくなります。予防のためにワクチンなどがつくられることがありますが、A型の場合は少しずつ形を変えます。一度免疫力を持ったとしても、別の型に形を変えると予防注射がきかなくなります。A型のインフルエンザは、38度を超える高熱、のどの痛みや関節痛など生活をするのに大きな支障が出る病気になります。治療としては、特に薬はありません。最近は、早期に医療機関に行くと症状を進行させない薬が出ています。ウイルスが体中に広まるのを抑えてくれる薬が出ています。