インフルエンザを予防しよう|苦しむ前に対処を

ウィルス

どんな治療を行うのか

マスクの女性

タイミングが大切です

毎年猛威をふるうインフルエンザは、子どもやお年寄りにとって、恐ろしい病気の一つです。また体力のある大人にとっても、発症すれば、当分仕事に行けないというリスクがあります。かかる前に予防をするのがベストですが、どんなに予防をしてもかかってしまうこともあるでしょう。どんな治療をするのかを頭に入れておくことで、冷静に対処できるようになります。インフルエンザの治療を行うためには、まずインフルエンザと診断される必要があります。しかしインフルエンザの検査にはある特徴があり、タイミングが早すぎると、かかっていても「陰性」と診断されてしまう可能性があるのです。発症後半日から1日が経過すると、間違わずに診断することが可能になります。インフルエンザとわかったら、できるだけ早く抗インフルエンザ薬を摂取します。タミフルやリレンザなどの薬が一般的ですが、年齢や症状、本人の希望によっても処方される薬は異なります。インフルエンザウイルスが体内で爆発的に増えるのを予防する薬で、発症してから48時間以内に摂取するのが良いとされています。これ以上時間が経過すると、ウイルスが増えすぎていて効果が期待できなくなってしまうためです。予防できるのが一番ですが、完全な予防は難しいものです。「もしかしてインフルエンザかも」と思ったときには、「しっかり予防していたから大丈夫」と高を括るのではなく、しかるべきタイミングを見極めて病院に行くことが大切です。