インフルエンザを予防しよう|苦しむ前に対処を

ウィルス

つらい病気の一つです

頭を押さえる人

感染しないようにしよう

冬の時期になるとインフルエンザによる患者数が一気に増加します。インフルエンザによる症状は人によって様々ではありますが、いったん感染すると完全に治るまでに最低でも1週間はかかりますし、仮に本人が楽になって1週間たたずに仕事に行きたいと考えても、まだ体内にインフルエンザウイルスが残っているため、職場の人に迷惑をかけてしまう恐れがあります。インフルエンザはクシャミや咳といった症状が、人から人へと飛沫感染するために起こりますので、予防策としてはインフルエンザが流行する季節になったら、毎日マスクをすることです。満員の通勤電車やバスを利用するといった人は特にマスクが不可欠で、職場に着いたら紐部分を持って顔を覆う部分に触らないようにして処分し、新しいものに取り換えるようにしましょう。また、感染しないためにはインフルエンザの予防接種を受けておくのがおすすめです。もし仮に型が合わずに罹患したとしても、ワクチンを接種していない時に比べ、つらい症状を緩和してくれる働きがあります。自分はもちろん、周りの人にうつさないために、社会人のマナーとしてインフルエンザワクチンの接種はしておくべきです。その他にできることとしては風邪予防と同じく、外から帰ったらうがい、手洗いを励行し、ウイルスが体内に入るのをできる限り予防することです。また、免疫力や抵抗力が低下していると感染しやすくなりますので、しっかりと食事を摂って栄養をつけ、睡眠をよくとって体に隙を作らないことも大事です。